HOME
トップページ

WEAR
ドッグウェア

WALK
散歩グッズ

TOY
おもちゃ

小型犬に防寒着(ドッグウェア)が必要な理由をご存知ですか?犬は冬の寒さに強いイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
しかし、日本で多く飼育されている小型犬など犬種によっては冬の寒さを得意としない犬もいます。

夏場は地面の温度が上がりやすい昼の散歩を制限している方は多いものの、冬場はどうでしょうか。
愛犬の防寒対策はきちんとできていますか?

今回は、冬でも暖かい防寒着になるドッグウェア(犬服)を取り扱っている通販サイトURBAN DOG TOKYOが、犬が寒さに強いと言われている理由と犬に防寒服が必要な理由をご紹介します。

 

小型犬は特に防寒着で対策を!冬でも暖かいドッグウェア(犬服)は本当に必要なの?

赤いブルゾンを着たトイプードルとベージュのボアジャケットにチェック柄のマフラーをしたマルチーズ

寒さに強いと言われている犬ですが、なぜそう言われるようになったのでしょうか。
また、すべての犬種(小型犬や大型犬など)が冬の寒さに強いのでしょうか。

犬が寒さに強いと言われる理由について詳しくみていきましょう。

犬が寒さに強いと言われている理由の1つに、平熱が高いことが挙げられます。

犬の平均体温は37.5~39度前後と言われており、人間より平熱が高いのが特徴です。
そのため、冬でも人間の体感よりも寒さに強い傾向があります。

しかし、人間より平熱が高いからと言ってすべての犬種(小型犬や大型犬など)が寒さに強いかと言うと、そうではありません。
犬種や体調、年齢によって寒さへの耐性力は異なります。

なので、犬が寒さに強いからと言って、冬に防寒着などの対策をしないのは得策ではありません。
状況によっては、愛犬の体調が崩れる場合もあるので注意しましょう。

小型犬や高齢になった犬などは、冬の寒さに弱い傾向にあります。
また、犬は話すことができません。
そのため、飼い主が愛犬の体調や環境に気を配り、整えてあげる必要があります。

散歩などで外出するときはもちろんですが、なるべく室内でも暖かい状態で過ごせるように、環境を整えてあげましょう。

 

小型犬だけが防寒着が必要なわけではない!冬でも暖かい環境にするべき犬種

白いニットパーカーを着たトイプードルとブルドッグ

上記で説明した通り、すべての犬種(小型犬や大型犬など)が冬の寒さに強いわけではありません。
特に寒さを苦手とする犬種は以下の通りです。

  • チワワ
  • トイプードル
  • マルチーズ
  • ミニチュアダックス
  • シュナウザー
  • ヨークシャテリア
  • パピヨン
  • ミニチュアピンシャー
  • フレンチブルドッグ
  • ボストンテリア
  • シーズー
  • ウィペット

日本でも多く飼育される小型犬であるチワワの原産地は、メキシコという暖かい国です。
そのため、冬の寒さに対する耐性をあまり持っていません。

また、同じく日本で多く飼育されていて、体が小さいトイプードルやヨークシャテリアなども寒さが苦手な犬種ですので、寒い冬には防寒着などで対策をしてあげましょう。
他にも、短毛や体脂肪の少ない犬種、シニア犬なども気をつけるようにしてください。

 

デザイン性抜群!機能性も兼ね備えたドッグウェア(犬服)なら通販サイトURBAN DOG TOKYOへ

ここまで、犬が寒さに強い理由と、小型犬などに防寒着対策が必要な理由をご紹介しました。

すべての犬が冬の寒さに強いわけではありません。
寒さに耐性のない犬種や体の小さな小型犬などは、冬に防寒着などの対策をしてあげる必要があります。

「防寒対策をするならおしゃれな服を着せてあげたい!」「愛犬をおしゃれな防寒着で寒さから守りたい!」という方は、URBAN DOG TOKYOの通販サイトをご利用ください。
防寒着にもなる多くの機能性を兼ね備えた、デザイン性の高いかわいいドッグウェア(犬服)を多く取り揃えています。

商品に関してご不明な点がありましたら、メールやお電話でお気軽にお問い合わせください。

日本初上陸の海外ブランドのドッグウェア(犬服)を多数販売している通販サイトURBAN DOG TOKYOのコラム一覧

登録を完了しました♥
最新情報や特別な情報をお届けします。
ico-collapse
0
最近見た商品
ic-cross-line-top
TOP
ic-expand
ic-cross-line-top